くたびれかけのお父さんのための
実用cooking

趣味としての男の料理ではなく、生きていくための最低限の料理、というテーマで
お届けするこのコーナー。同級生サイトの私物化というなかれ。
管理人には、こうした知識を必要としている
同年代がいるはずだ、という確信がある。
とにかく、ここで紹介する料理を覚えれば、何があっても生きていけるのだ。

なお、しょう油が何ccであるとか、ブタ肉が何グラムといった
話は書かない。だいいち、オレだっていちいち分量を考えて
作っているわけじゃない。学生料理の延長だから
テキトーでいいのである。

cooking1 カルパッチョオヤジーノ 川越風(命名・13E飯島)
●材料
・なんでもいいので刺身1パック
・カイワレ大根
・もやし
・ドレッシング適量

●作り方
まず刺身と一緒にレタスやモヤシを買う。ついでに中華ドレッシングなども買う。油が気になる人はノンオイルタイプを選べばよい。紫蘇風味でも構わない。イタリアンやフレンチドレッシングを選んではいけない。

次にモヤシを軽くゆがき、ザルに開けて水を切る。

大きな皿にレタスを敷き詰め、その上にゆがいたモヤシを載せる。その上に刺身を円形に並べて行く。マグロの赤身やカツオのタタキのほか、ヒラメなどの白身魚でもよろしい。

次にドレッシングをふりかける。最後に大葉を刻んだものとか、ゴマとかカイワレとか、そういうものをトッピングしてできあがり。
カルパッチョオヤジーノ ナスのふじっ子の塩昆布もみもみ 肉もやし炒め スーパーの惣菜トンカツのカツ煮 かんたん煮魚
スープカレー カレーライス 親子丼 ネギ肉炒め ばーちゃんのオムレツ
ブタ肉しょうが焼き キュウリと豚肉&梅肉の冷やし中華 マグロとトマトの冷たいスパゲティ 恥ずかしくないオムライス

TOPへ戻る