くたびれかけのお父さんのための
実用cooking

cooking14  恥ずかしくないオムライス
●材料
・卵3個
・牛乳
・タマネギ1/2個
・鶏肉か豚肉かハムかそのへんのやつ適量
・残り物のごはん
・冷蔵庫の隅っこに転がっているキノコ
・ケチャップ
・塩コショウ

●作り方
隠していてもわかるのである。オッサンはオムライスが好きなのだ。かつて喫茶店ランチが全盛期だった時代は、一定の確率で日替わりランチのメニューになっていた。だから
「オムライスちょーだい」などと消えいるような声で注文することもなかったのである。そうなのだ。オムライスを注文するのは恥ずかしいのである。

だったら作ってしまえ、というのが今回の趣旨。玉子焼きで包むのではなく、ケチャップライスの上にふわふわのプレーンオムレツを載せ、真ん中に切れ目を入れて裏返すようにライスの上に展開するタイプのオムライスだ。

残り物のごはんは、あらかじめ電子レンジで温めておく。肉とタマネギ、キノコを炒め、塩コショウで味付け。火が通ったらごはんを投入。ケチャップで味付けし、皿に盛りつけておく。

タマゴ3個を割り、よくかき混ぜて牛乳少々を入れ、塩コショウしておく。牛乳を入れないと「ふわふわ」感が出にくいので注意。

煙が出るくらいに熱くしたフライパンに油を敷き、タマゴ投入。菜箸の先を2センチくらい離すように持ち、手早くかき混ぜ、やや固まりかけたらフライパンの前方に全体を寄せ、フライパンを前方に傾けて柄の根本のほうを左手で持ち、右手で柄の手前のほう(身体に近いほう)をトントン叩く。卵がフットボール型に固まったら、ケチャップライスの上に載せ、中央に菜箸で切れ目を入れ、左右に展開。ケチャップをかけたらできあがりだ。

キモはオムレツづくりである。トントンやってもフットボール状にならなければ、適当なところで諦め、菜箸で強引にまとめる。時間をかけすぎて卵が固くなりすぎたら台なしになるので注意すること。フットボールみたいなオムレツが作れると、オトーサンとしてはカッコいいけどね。
カルパッチョオヤジーノ ナスのふじっ子の塩昆布もみもみ 肉もやし炒め スーパーの惣菜トンカツのカツ煮 かんたん煮魚
スープカレー カレーライス 親子丼 ネギ肉炒め ばーちゃんのオムレツ
ブタ肉しょうが焼き キュウリと豚肉&梅肉の冷やし中華 マグロとトマトの冷たいスパゲティ 恥ずかしくないオムライス

TOPへ戻る